不定愁訴は立派な病気!?

不定愁訴の主な症状

不定愁訴に多い症状

皆さんは、不定愁訴になった事はありますか?なった事のない方もいらっしゃると思いますが、不定愁訴は、深刻な病気ではないものの、本人は強い不調を訴える事があるというのが特徴です。多い症状に挙げられるのが、「徒労感」です。これは、不眠から来るところも多く、よく眠れないという事からも、不眠症を招いてしまい、疲労の蓄積を招いてしまうという事があるのです。

 

この疲労感が、ストレスの蓄積にもつながっていってしまう事があり、自律神経失調症を引き起こしてしまう事もあるのです。不定愁訴に多い症状の中には、色々なものがありますが、その中でも、特に多いのが、この疲労感やだるさだと言えるのです。これは、不眠症でない方でも、眠っている時間が長くても疲れが抜けないというような方も多くいらっしゃるのです。

 

イライラする

不定愁訴で多いのが、「イライラする」という症状です。イライラする事で、ストレスがまたたまってしまうというように、悪循環を引き起こしてしまうようです。これは、日頃からよくカルシウムを摂取する事で、このイライラが改善できる事があります。

 

よく眠れない

不定愁訴で多いのが、「よく眠れない」というような症状です。不定愁訴の方は、この不眠症という症状で悩んでいる方も、とても多いものです。中には、睡眠薬を飲んだり、快眠サプリメントを飲んでいる方も非常に多いようです。よく眠れないという事は、内臓関係の原因によるものよりも、精神的なものからきているところもとても多いものだと言えるようです。