不定愁訴は立派な病気!?

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは

皆さんは、「不定愁訴」という言葉を、何かご存知でしょうか?これは、原因は何か特定できないものの、徒労感がとれない、よく眠れない、何となく体調が悪い、イライラするという症状の事を指しています。自覚症状を訴えつつも、検査をしても何も異常がないため、本人としては納得がいかないという事があります。患者としての訴えは強いものの、診断の方では、特に深刻な病状は見られないというのが、主な特徴となります。

 

不定愁訴の改善法

不定愁訴というのは、本人の自覚症状は強いものの、何も特に問題がないという事が、本人としてはやはり不安感を更にあおってしまうものとなります。不定愁訴の多くの場合、自律神経失調症に関係があるという事があります。また、中には、精神疾患と関連しているものがあったりと、色々なパターンがあります。解決していく方法としては、カウンセリングなどが挙げられます。カウンセリグを受けていく中で、この不定愁訴という症状を克服していくという方も、非常に多いようです。

 

不定愁訴の特徴とは

不定愁訴は、特に目立った原因が見られないものです。しかし、本人には、強い自覚症状があるために、何か大きな病気にかかっているのではないかというような心配をしてしまいます。

 

不定愁訴の特徴としましては、ストレスが大きく関わってきているという点です。ストレスが、このようなイライラや何かしらの不調を招いてしまい、病状としては、あまり深刻ではないという事が特徴となっているのです。